車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 
 

自動車保険は比較サイトを賢く利用

hoken5.jpg自動車保険と言うのはとにかく分かりづらく出来ております。
保険と名の付くものは皆そうですが、約款など わざと分かりにくく書いているとしか思えないほど難解です。

しかし、無駄金は一切払いたくない!そこで利用するのが「比較サイト」です。
比較サイトと言えば家電製品などの販売価格を比較する「価格.com」のようにネットを上手に使うことで料金が安くなり得をするサービスも少なくありません。

また、自動車保険の場合 細かい条件ごとに計算が必要なので自動車保険は比較サイトなどで事前に確認しておくことが大事です。

自動車保険は比較サイトはGoogleで「自動車保険 比較」と検索すれば簡単に比較サイトがいくつもヒットします。
後はそれぞれ自分の条件を入力するだけで20社以上の保険会社から見積もりを取ることが出来るのです。

勿論、価格が安ければ良いという訳ではないことは言うまでもありません。

プリウスの新車を最大49万円値引きで買う方法

ryutukakumei.jpg新車を買う時は通常、自宅や職場など自分の生活圏内のディーラーに行きます。
そこで、気に入った車があれば値引きの交渉していくのですが…個人でディーラーと値引き交渉するのはなかなか難しくかなり厳しいのが現実です。

何しろ向こうはプロ、こちらは素人ですので最初から無理があるのですが、実はそれ以外にも理由があります。

ディーラーというのは元々メーカーから直接 新車を仕入れ それを販売しています。
新車のディーラーは各地域ごとにエリアを大まかに住み分けていて、それぞれ自社の商売圏内を守って販売をしているのです。

ですから、そもそも「他社と競合する」などということ自体が極端に少ないのです。
中でもプリウスなどの人気のある車は、全く値引きをしないで販売しているディーラーも多いのです。

そこで、新車流通革命を利用することを お勧めします。
プリウスを新車で買うのなら どこよりも安い価格を提示してくれるでしょう。

具体的には、

1、通常ローン金利が6.8%のところ、最大3.9%!その金利の差額は なんと480,519円です
ディーラー金利と比べても約2%近くも安い計算になるので、他店の提示する価格よりもかなり安い額になります。

2、本体+オプションだと最大49万円の大幅値引きが可能です!
これは 数十台まとめて仕入れる等の独自のノウハウを駆使することにより、どこよりも安い価格で提供することができるのです。

3、月々の支払いが苦しい時は、一時支払いストップも可能です!
事前に申し込んでおけば、毎月の支払いも一旦ストップすることができます。
ですから、急な出費が必要になった時でも安心です。

4、常識破りの最長120回払いの10年ローンも可能です!
たとえ10年ローンであったとしても、他社の84回払いと比較して なんと140,300円も安いのです。
ですから金銭的に余裕のある支払いが可能になります。

このように、【新車流通革命】にしかできない、独自のローンサービスと流通経路が最大の強み。
勿論、全国納車オッケーです!

中古車の値段は人気で決まる

tyukosya.jpg中古車の魅力はやはり価格です。

では、その価格を決定する要因は何か?
中古車の価格は新車時の価格や年式で決まるが「走行距離」「カラー」「年式」「グレード」「装備」その他 さまざまな要素が重なって中古車の価格は決定されますが、それ以上に重要なのが「人気」です。

どんなに程度が良くても新しい中古車でも人気がなければ激安価格が付けられます。
たとえば、セダンやクーペ、特にソアラなど一昔前のハイソカーはどんなに程度が良くても激安です。

軽自動車ならワゴンRのようなRVタイプは高値で安定していますが ミラ、アルトのようなボンバンはビックリするほど安いのです。
このように安く買うなら不人気車なのですが注意したいのは人気が無いから安いとは限らないということ。

たとえばアルシオーネという世紀の不人気車があるのですが、この中古車を探すと以外と高い。
新車から売れていないため希少価値があるからです。
つまり安くなる不人気車とは新車の時は凄くよく売れたが、その後人気が急落したモデル。

前述のハイソカーもそうですが意外なことにステーションワゴンもこの条件に当てはまります。
数年前に大ブレークしたが今ではミニバンに人気を奪われたアコードワゴンやカルディナなどは激安車がゴロゴロしていたりするのです。

激安車を探すのならインターネットの情報サイトは活用して相場を知ること。
新車時の価格も知っておいた方が良いです、中古車を購入される方の多くは新車価格を把握していないことが多いのです。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。