車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 
 

保険料が無料になる?超マル秘裏技

hoken2.jpg自動車保険には たいてい他車運転特約というものが付いています。
他車運転特約というのは本人及び その家族が他人の車で事故を起こした場合についても保険で補償するというもの。

対象となるのは自家用普通乗用車、自家用小型乗用車、自家用軽四輪乗用車、自家用小型貨物車、自家用軽四輪貨物車、自家用普通貨物車 (0.5トン以下) または特種用途自動車 (キャンピング車) の7車種。
法人契約は対象外。
国内の損保の自動車保険ならほとんどの場合、対人、対物、搭乗者の基本契約に自動付帯しています。

この他車運転特約の機能をうまく利用すれば、理論上 自動車保険料を無料にすることが可能です。
たとえば、すでに車を持っている人が、セカンドカーを買ったとします。
通常なら、保険を追加しなくてはいけないのですが、このセカンドカーの名義を友達など他人のものにしたらどうなるか?

この車には任意保険をかけていなくても、他車運転特約で保険が使えることになります。
つまり、セカンドカーは無保険でもちゃんと保険が効くことになるのです。
ただし、その友人はその車を運転して事故を起こした場合、保険は全く下りません。

また、名義貸ししてくれた友達の所に年に1回、自動車税の支払い請求が行くので、引き受けてくれる友人を捜すのはかなり難しいでしょう。
友人でなく家族にすればと思う人もいるでしょうが他車運転特約は家族名義の車には適用されないので家族名義にすると適用されません。
(ここでいう家族は「同居している家族」ですので親戚や結婚して家を出ていった姉妹なんかは大丈夫です)

ちなみにセカンドカーを借金のカタに取り上げた車なんかにすれば、元々他人名義なので そのまま保険をかけずに乗れます。
しかし、これらのことを実行に移したとしても、最悪 詐欺罪に問われることも考えられなくもないので あくまで参考までに。

また、他車運転特約が自動付帯されていない保険会社が数社ありますので 実行したい方はご確認を・・・。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。