車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 
 

ガソリン車に軽油を入れるとどうなるの?

k-yu.jpg燃料の入れ間違いは決して少なくありません。
最近のガソリン高騰で少しでも安く、とセルフスタンドに行き 燃料を入れ間違うという事故が多発しているそうです。
JAFでも「燃料を入れ間違えたのですがエンジンは壊れませんか?」という問い合せがよくあるそうです。

ガソリン車に軽油を入れた場合は黒い排気ガスが出るようになり、やがてエンジンが止まってしまいます。
この状態になる前にエンジンの異常に気づけば、たいていはプラグの交換だけで済みます。
一方、ディーゼル車に重油や灯油をいれたらどうなるか?。

実は「軽油」「重油」「灯油」は含有される硫黄分が若干違うものの、灯油やA重油でもディーゼル車は走行可能なのです
灯油は軽油に似ているし(軽油から不純物を取りのぞいたモノが灯油で、重油は軽油の前段階のもの)よく、ダンプなんかが、安いのを入れている場合があります(違法)。
重油(S重油)でも灯油でも動きますが、 多少はエンジンの調子が悪くなります。

そのため灯油とA重油を軽油に混ぜ合わせた、いわゆる「混和軽油」や「不正軽油」をディーゼル車向けに販売して軽油引取税を逃れる動きが絶えません。
ちなみに、ディーゼル車にガソリンを入れた場合は、最初のうちはエンジンはかかっていますが すぐに力がなくなり エンジン音も高くなってアイドリングが不安定になり 排気ガスは白くなって しまいにはエンジンがイカれます。

ディーゼルはガソリン車と点火方法違うので(圧縮熱で点火)ガソリンでは燃え過ぎる為です。
エンジンのダメージが少ないうちに気づけば その後も使用可能ですが噴射ノズルなどは交換が必要になります。

いずれの場合もすぐに症状が現れますから燃料を入れ間違えたことに気づくはずです。
早めに気づいて、すみやかに燃料を入れ替えれば特に大きな問題にはなりません。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。