車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 
 

新車を買ったら慣らし運転

narasi.jpg新車を買った人は嬉しくて すぐに乗り回したくなる気持ちは分かりますが ちょっと待ってください。
新車というのは買ってすぐに好き勝手に乗り回していいものではありません、はっきり言って新車というのは決して安全な状態ではないのです。

どういうことかというと、エンジンは3万キロ以上走らないと本当の性能は発揮されないし タイヤも最低300キロ以上の十分な距離を走行することによって走るのに十分な硬さに変化していく。
つまり、慣らし運転をすることが必要で、慣らし運転をする事によってエンジンのパワーアップ・燃費向上・性能維持の効果が得られます。

慣らし運転とは、一定の期間、一定の距離をエンジンの回転数や速度を抑えて走る事によって、エンジン内のピストンやシリンダー、ミッションやギヤ、サスペンションなどのまだ馴染んでない金属同士の接触面を柔らかくし可動部分をよりスムーズになめらかにしてあげる事です。
またエンジンだけでなく、ミッション・サスペンションも慣らしが必要です。

最近では、国産の新車には慣らし運転は必要ないと言われる事が多いのですが、これはエンジンの工作精度が上がり 慣らし運転をしなくても性能低下はないと言われているからです。
しかし、今の新車でも慣らし運転をすることはエンジンの負担を軽くする意味でも必要ですし、運転する本人が車に慣れるための慣らしでもありますので必要です。

ならし運転はまず走行距離1,000kmまではレッドの約半分でゆっくり走り山道などエンジンに負担のかかる所は走ってはいけません。
この期間は車が実際に出せるパワーの半分しか使わないということ。

MTであればシフトアップ、シフトダウンをしっかりと丁寧に操作しましょう。
この慣らし運転中に丁寧に操作して可動部分にアタリをつけてあげれば、年数が経ってもシフトチェンジが渋くなったり、入らなくなると言ったトラブルも少なくなると思います。
1,000km を越えたらエンジンオイルを交換(できればオイルエレメントごと変えた方が良い)
次の目標は3,000km に設定。

この期間はエンジンの回転数を徐々に3000〜4000回転ぐらいまで上げて一定の回転数を保持しながら走りを観察する。
そして、3,000km を超えたらまた エンジンオイルを交換する。
これで慣らし運転は終了です。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。