車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 
 

切符に署名 捺印しなければ違反を逃れられる?

kip.jpg軽微な交通違反を起こして警察に捕まると青切符を切られ、署名 捺印されられます。
ではもし、この署名 捺印を拒否したらどうなるのか?。
(青切符の署名 捺印は任意で 決して強制は出来ないのです)

この「署名 捺印」の意味は "違反は認めます、その代わり簡単に済ませてください"という意味で違反が確定する代わりに裁判だの刑事処分は無く、反則金を振り込むだけで手続きが終了します。

で、もし署名 捺印を拒否したら・・・当然裁判ということになるのですが、裁判の前に書類が検察に回り検察が起訴しなければ裁判にはなりません。
検察も必ず起訴するわけではないので不起訴、つまり無罪放免になる可能性は高いのです。

ただし、警察は署名 捺印させなければ逃げ切られると知っているので かなりのプレッシャーをかけて署名 捺印させようとするため、そのプレッシャーに打ち勝つには相当の度胸が必要です。
また、刑事処分を運良く逃げ延びたとしても行政処分、つまり点数は問答無用で減点されてしまいますので、念のため。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。