車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 

カテゴリー:トラブル回避の裏技

 

タイヤが空回りし抜けない時の裏技

taiya.jpgぬかるんだ道や雪道などでタイヤが空回りし 抜け出せなくなってしまった、という経験は誰にでもあるでしょう。

板を挟んだり 布を敷いてみたりと抜け出す方法はいくつかあるのですが、なかなか抜けられるものではありません。

理想的に言えばゴム製の板か洗濯板を常備しておき 非常時にタイヤに挟んで使用するのが一番良いのですが
それらが無い場合でも 簡単に抜け出せる方法があります、それはタイヤの空気を少し抜くのです。
少し というのはどれぐらいかというと、だいたい30%〜50%くらい。
すると、タイヤは少しペチャンコになりますが地面に 接している面が広くなり 空回りしづらくなるのです。

これはあくまで非常事の処置なので、抜け出せた後は、早めにガソリンスタンド等でタイヤの空気圧を元に戻すようにしてください。
空気の少ないタイヤで走り続けるとパンクの原因になることがありますので。

フロントガラスの曇りを素早く取る方法

kumor.jpg車のエンジンをかけて出発しようとしたとたん、フロントガラスの内側が曇ってしまうということ、ありませんか?。

運転中に曇ってしまうと 危険ですし事故の原因になることもあります。
そんな時にはタオルなどを使って曇りをふき取ったりしても また曇るだけですし、かえってガラスが汚れてしまうので してはいけません。

曇りの原因「湿気」です、その湿気を取り除けば曇りは自然と取れるのです。
エアコンには除湿の機能があるので、エアコンの風をフロントガラスの方に出るようにしてください。
すぐに曇りが取れます。

季節が冬の時なら『外気導入』にすれば曇りは取れます、窓も少しで良いので開けると。より早く曇りが取れます。
また、事前に『フォギーX』などの曇り止めを塗布しておくのも良い方法です。

油膜のギラギラをなくす裏技

yumak.jpg雨の日の深夜、高速道路を走行中にフロントガラスに油膜が浮いて、対向車のライトがギラついて視界をさえぎり 冷や汗をかいた、なんてことは 誰にでも経験があるでしょう。

そんな時の裏技には「ウーロン茶」を使います。
タオルかテッシュにウーロン茶を染みこませてウインドーを拭くと油膜がきれいに取れます。
ウーロン茶がなければ「吸い殻」を使う手もあります。

タバコの吸い殻に水をかけて湿らし 手でほぐします、それをフロントガラスにこすりつけるのです。
あくまでも応急処置ですが、これで数時間は十分に保ちます。

日頃のお手入れでの注意点は「家庭用ガラスクリーナー」でフロントガラスを拭かないこと。
家庭用ガラスクリーナーにはシリコン含まれていてこれは油膜の原因になるのです。

ドアオープナーを紛失した時の裏技

gaksu.jpg最近はリモコン式のドアオープナー(キーレス)が普及しているそうですが、それに伴ってドアオープナーの紛失でJAFが呼ばれる件数も増えています。

鍵が手元にあれば問題は無いのですが、ドライバーの中には鍵を車内に置いたまま、ドアオープナーだけを持ち歩いている人も多いようです。

そうなると、インロックとまったく同じことになってしまうので そんな時のための裏技は・・・。
使うのはテレビなどで使う「学習リモコン」。
ドアオープナーの信号を学習リモコンでコピーしておくのです。
実は車に使われているドアオープナーとテレビに使われているリモコンは、ともに赤外線を利用しているのです。

コピーの方法は、テレビのリモコンとまったく同じで、ドアオープナーを学習リモコンの前にかざして記憶する。
このリモコンさえあれば、ドアオープナーをなくしても車のドアを開けることができます。 (悪用厳禁)

車の鍵をなくしたときの裏技

JAFの出動件数の3分の1以上は、鍵を車内に置いたままドアをロックしてしまう「インロック」です。

鍵が車内にあるのはまだマシで、紛失してしまった という場合も多いそうです。
そんな場合のために、車を購入したら必ず鍵の番号を別紙にひかえて保存しておきましょう。

最近の車には鍵の番号を書いた小さなプレートが付いています
車の鍵が今、手元にあるならよく見てください、10桁前後の数字が刻印されているはずです。

その番号はメーカーに登録されているので、番号だけでもスペアを作れます。
ディーラーに この数字を言えば、同じ形のキーを製作してくれます。
価格と日数がかかるのが難点ですが・・・。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。