車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 

カテゴリー:得する裏技

 

自動車税の延滞金を支払わずにすむ方法

jidousyazei.jpg自動車税は登録時と毎年4月1日時点での所有者に課せられます。
通常、毎年5月初めぐらいになると、クルマのオーナーのもとには、自動車税の納付書が送られてきます。

この納付書には、そのクルマの排気量に応じた自動車税額が記されています。
納付期限は5月の末日、うっかり払い忘れるとやがて同じような納付書が再度送られてきます。

これは督促状を兼ねたもので、督促状には延滞金というペナルティーが課せられています。
納付期限の翌日から1ヶ月以内に納税した場合は年7.3%、それ以降になると年14.6%の割合で計算された延滞金が加えられます。
金額こそ安いものの、銀行や信用金庫でお金を借りるより、はるかに高い金利を取られてしまうのです.

しかし、多少の延滞であれば、延滞金を払わなくてもすむ裏技があります。
方法は簡単、支払いを銀行でするだけ。
市役所や郵便局であれば延滞金が加算されますが、銀行であれば多少の延滞金は請求されないのです。

ということで、少々延滞気味の支払いをする場合は 必ず銀行でするようにしましょう。

中古車を買う時の諸々の手数料って?

tyuko02.jpg中古車を買う時に車本体 以外に「名義変更手数料」「納車手数料」「納車費用」「車検代行手数料」「納車前点検費用」などと やたらと意味不明ものを請求されます。

店によって違いますが、名義変更で3万円 車庫証明で2万円 合計5万円なんていう金額を平気で請求されたりします。
「車庫証明」に関しては以前に記事を書きましたが 「名義変更」は自分でやるからと言っても店側に拒否されることが多いです。

理由は2つ。
ひとつはユーザーがキチンと名義変更をしないとトラブルになるから。
もうひとつは これらの手数料が店側にとっては おいしい純利益になるから。
名義変更だけなら手続きは陸運局に書類を持っていくだけでなので、時間と手間を惜しまなければ誰でも出来ます。

名義変更に必要な書類は「譲渡証明書」「印鑑証明書」「車検証」「自賠責保険証」「自動車納税証明書」「車庫証明書」「委任状」「実印」必要な書類さえそろえば代書屋に頼めば記入してくれます。

大手の店では難しいですが個人経営のショップなどでは承諾してくれる場合もありますので ダメ元で交渉してみましょう。
ただし、上記の手数料全てを「自分でやるから」と言うと、車を売ってくれなくなりますので ご注意を。

タイヤの製造年月日が分かる法

taiya2.jpgネット販売されてるタイヤは とても格安です。
でも、安すぎて逆に怪しく感じる人もおられるでしょうが 製造年月日さえ問題なければ特に問題はないでしょう。

タイヤは本来 相当原価が安いので店舗を構えずに販売できるなら 価格をかなり安く抑えることが出来るのです。
では、自動車のタイヤ製造年月日ってどこにあって どうやって読むのでしょう?。

実は、タイヤの側面(サイドウォール)に4桁の数字が凸印されているのですが、この4桁の数字でそのタイヤの製造年月がわかるのです。
前の2桁が製造されたのが『第何週目』かを示し、後ろの2桁が製造された年を示します。

たとえば、「1403」という4桁の数字だとすると後ろの2桁の「03」が西暦の2003年の意味で、前の2桁「14」は14週目を意味します。
つまり、そのタイヤは2003年の14週目に製造されたタイヤだと分かるのです。

車の燃費を向上させる方法

nenpi.jpgまず、オートマ車に乗っているならギアをドライブに入れっぱなしにするのはやめた方が良いでしょう。
ドライブに入れてると減速するときはフットブレーキを使うが、それよりもセカンドやローにギアを落としていきエンジンブレーキを効かせた方が燃費が良くなるのです。
加速するときもスフトアップして加速した方が燃費が良くなります。

また、タイヤの空気圧が低いと 地面との接地面積が増え抵抗が増えるため よりガソリンを食うのでガソリンスタンドなどでこまめに点検してもらいましょう。
車を止めている時もエンジンを切らずアイドリング状態にしている人がいるが、車を走行していなく

てもガソリンは消費しているので こまめにエンジンを切ることもガソリン消費量の減少につながります。
毎月100リットル以上給油するような人は石油会社系のクレジットカードに入るのも良い方法です、これは買い物の額によってポイントが溜まりそれに応じてガソリンが割引になるのです。
オートマ車限定ですが、燃費を最大1.4倍に向させる「スマートブレンド」という商品もあります。

カー用品店でタイヤが お買い得な時期

caryouhin.jpg2月にタイヤを交換したいなら3月まで待った方が良い。
というのは各メーカーは決算対策として3月と9月に帳尻合わせをするからです。

その時期はメーカーが売り上げを増やすために 販売店に在庫タイヤを押しつけるのです。
当然、販売店は押しつけられたタイヤを何とか早く売ってしまいたいために通常より大幅に値下げしたりタイヤ取り付け料を無料にしたりとサービスをします、通常の4〜5割引という場合もあります。

ちなみに、タイヤを交換する場合 4本同時に交換するのが理想ですが、予算等で問題がある場合は前輪と後輪を変えたり、前輪だけの交換という手もあります。
これは重量バランスや各タイヤにかかる負担などにより、全てのタイヤが同じ減り方をする訳ではないからです。

このため、本来は、ある程度距離を走行するたびに「ローテーション」と呼ばれる方法で、タイヤの位置を交換するのです。
タイヤ以外でもこの時期はカーショップやホームセンター、ディスカウントショップでも小物が安売りされていますが これも決算セールやセールから流れた商品だったりするのです。

ディーラーの勧めるローンは組まない

dera.jpg車の購入は本来現金で支払うべきで、これが一番安く購入できる方法です。

ディーラーの勧めるローンは、年利10%前後という高金利で、はっきり言ってボッタクリ。
銀行のマイカーローンなら金利はかなり安く押さえられます。

と言っても近所の銀行で申し込めばいいという訳ではなく、その金利は各銀行によって3〜5%まで違いがありますので事前に調べておくことも重要です 。

その銀行で公共料金の引き落としなどをすることで金利が優遇される場合も多く、メインバンクを変えることが出来るなら金利2%も夢ではありません。
金融機関を選ぶときは金利が固定か変動か保証料込みか別途かをチェックすることを忘れずに。

また、金融機関と言っても色々あり農協や労働金庫も確認しておくことを忘れずに、特にJA(農協)はとんでもない低金利で出している場合があるからです。
ただし、銀行のマイカーローンは審査が厳しく 誰でも借りられる訳ではありませんので ご注意を。

ちなみに、ディーラーのローン契約をしてしまった人も契約の変更は可能です。
「実家の親が援助してくれる事になったんですよ、で 申し訳ないけど現金払いに変更して下さい」と言えばOK。

ただし、車が納車されてしまい手続きが完了しているなら、何らかの手数料は発生するかもしれませんが・・・。

車庫証明は自分で

syak.jpg車の保管場所を確保している事を証明する「車庫証明」、これは車の購入時に必ず必要なものです。

しかし、この車庫証明の取得をディーラーに任せると2万円前後の手数料を要求されてしまいます。
ところが車庫証明の実費は申請手数料2000円とステッカー500円のみ、手続きも車の駐車場の管轄警察署に行って所定の書類を記入するだけと、ビックリするほど簡単です。

車体の形式、番号を購入時に把握しておき、警察まで足を運ぶ手間さえ惜しまなければ、わずか2500円で収得出来てしまうのです。

ウォッシャー液を自分で作る方法

uosya.jpg車の維持費を少しでも節約したい方はぜひ「ウォッシャー液」を手作りしてみてください。

ウォッシャー液は カー用品店で専用のものが売られていいますが 自分でも簡単に作ることができます。

作り方は簡単、台所にあるママレモンのような食器洗浄剤と水を混ぜるだけです。
あまり濃度が濃すぎると泡が残って、車のフロントガラスの周りが白く残ってしまうことがあるので、少し薄めくらいで作るといいでしょう。

出来たウォッシャー液は車のボンネットを開け、ウォッシャー液を入れるタンクに補充するだけです。

廃車にする車で儲ける方法

haisya.jpgもう廃車にしてしまうような車の場合、業者に引き取ってもらうのに お金がかかります。
しかし、やりようによれば お金を稼ぐことが出来ます。

方法は簡単、車の「部品」を売るのです。
これは以外と簡単にできます。
もちろんエンジン部分などは業者や専門的な知識がないと無理ですが、素人でも簡単に廃車同然の車から価値ある部品を取り出すことができるのです。

例えば、タイヤ、ホイール、サイドミラー、ルームミラー、シートやカーステレオ、などなど。
部品にできる部分はできるだけ部品にしてみましょう。
それをYahoo!オークションなどで売れば中古でも充分に売れます。

捨てる前に部品販売価格を調べてみましょう。
まずは、オークションに出品し「売れてから部品をはずず」というようにすれば無駄な労力も使わずに済みます。

無事故・無違反で得する方法

sd.jpg一定期間、無事故・無違反の安全運転者を対象にして発行されている「SDカード」。
事故歴などの証明書(700円)を発行してもらうと、一緒に入手できるこのSDカードは、最近になって、持っているだけで、いろいろな割引サービスを受けられるようになりました。

例えば、提携しているガソリンスタンドの割引や宿泊施設の割引、その他自動車ローンの金利優遇など、お得な特典が一杯です。
もし無事故・無違反であれば、ぜひSDカードを手に入れて、割引サービスを活用しましょう。

ガラスコーティング剤を長持ちさせる裏技

kotengu.jpgフロントガラスに塗るだけで、雨の時などに水をはじいてくれる自動車用ガラスコーティング剤(ガラコなど)がカーショップなどで売られていますが、これらのコーティング剤を塗ったとしても 効き目ははせいぜい2週間くらい。
しかし、ちょっとした工夫をするだけで、効き目が2倍以上に長持ちする裏技があります。

まず用意するのは市販のガラスコーティング剤とドライヤー。
まず、普通にガラスに塗り、終わったらすぐに そのガラスにドライヤーの温風を当てます。
これだけでOK!たったこれだけの手間で、効果が長持ちするのです。

車の購入時、取得税を節約する方法

kobutusyo.jpg価格が50万円以上の車を買う時には車両価格の5%を「*取得税」として支払います。
(*自家用車は5%、 営業用車 軽自動車は3%)

ところが、新車を買う時オプションをつけてしまうと そのオプションにも収得税がかかってしまうのです。
しかし 車を購入後に取り付ければその分の収得税はかかりません。

つまり、購入時にオプションを一切つけず、 購入後にカーナビやオーディオなどを取り付ければ その分の税金はかからないのです。
一般的にカーナビなどの車載機器は社外品の方が安く 機能も良いのでオススメです。

ただし、オプションをつけて買えば一括ローンが組めるのですが、この方法では それは出来ません。
また、この収得税を一切払わずに済む裏技もあります。
それは「古物商」の営業許可を取ることです。

なんと、この古物商の営業許可があれば、取得税が非課税になるのです。
さて この古物商の営業許可証、実は意外と簡単に取れてしまうのです。
以前より審査が厳しくなっていると言われてますが、今でも申請するだけで取得は可能なのです。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。