車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 

カテゴリー:運転の裏技

 

新車を買ったら慣らし運転

narasi.jpg新車を買った人は嬉しくて すぐに乗り回したくなる気持ちは分かりますが ちょっと待ってください。
新車というのは買ってすぐに好き勝手に乗り回していいものではありません、はっきり言って新車というのは決して安全な状態ではないのです。

どういうことかというと、エンジンは3万キロ以上走らないと本当の性能は発揮されないし タイヤも最低300キロ以上の十分な距離を走行することによって走るのに十分な硬さに変化していく。
つまり、慣らし運転をすることが必要で、慣らし運転をする事によってエンジンのパワーアップ・燃費向上・性能維持の効果が得られます。

慣らし運転とは、一定の期間、一定の距離をエンジンの回転数や速度を抑えて走る事によって、エンジン内のピストンやシリンダー、ミッションやギヤ、サスペンションなどのまだ馴染んでない金属同士の接触面を柔らかくし可動部分をよりスムーズになめらかにしてあげる事です。
またエンジンだけでなく、ミッション・サスペンションも慣らしが必要です。

最近では、国産の新車には慣らし運転は必要ないと言われる事が多いのですが、これはエンジンの工作精度が上がり 慣らし運転をしなくても性能低下はないと言われているからです。
しかし、今の新車でも慣らし運転をすることはエンジンの負担を軽くする意味でも必要ですし、運転する本人が車に慣れるための慣らしでもありますので必要です。

ならし運転はまず走行距離1,000kmまではレッドの約半分でゆっくり走り山道などエンジンに負担のかかる所は走ってはいけません。
この期間は車が実際に出せるパワーの半分しか使わないということ。

MTであればシフトアップ、シフトダウンをしっかりと丁寧に操作しましょう。
この慣らし運転中に丁寧に操作して可動部分にアタリをつけてあげれば、年数が経ってもシフトチェンジが渋くなったり、入らなくなると言ったトラブルも少なくなると思います。
1,000km を越えたらエンジンオイルを交換(できればオイルエレメントごと変えた方が良い)
次の目標は3,000km に設定。

この期間はエンジンの回転数を徐々に3000〜4000回転ぐらいまで上げて一定の回転数を保持しながら走りを観察する。
そして、3,000km を超えたらまた エンジンオイルを交換する。
これで慣らし運転は終了です。

運転中の眠気覚まし

nemuke.jpg運転中に目が疲れてくると精神的にも疲れ 眠くなってしまうので一瞬の判断が遅れ それが事故につながります。
眠気を防ぐには まず満腹で運転しないこと。

満腹だとどうしても眠気が襲い、それだけ目の疲れが出やすく 運転をするのは危険な状態になります。
ドライブインに入っても腹八分目ぐらいにしておいたり、仮にお腹一杯にしてしまったら少し体を動かして腹ごなしをしてから運転するようにしましょう。
タバコの煙などで車内に空気が悪くなると目が疲労するので 時々車内の換気 空気の入れ変えれば目の疲れを軽減できます。

タバコの煙を簡単に外に出すには運転席の人がタバコを吸う場合
運転席の窓を約10cm開け、後部座席の助手席側の窓を約5cn開けます。
これだけで、運転席の窓からタバコの煙がどんどん出て行きます。
助手席側の人がタバコを吸う場合は、逆にしてください。
([伊東家の食卓]より)

眠気を取るには冷水で顔を洗ったり辛いものを食べたりガムを噛んだりストレッチをするのが良いでしょう、 冷たい氷やアイスを食べたりするのも良い方法です。
そして、一番良い眠気覚ましは助手席の人と下らない話で盛り上がる事です。

Uターン禁止の場所でUターン出来る裏技

utan.jpgUターン禁止の場所で合法的にUターン出来る裏技があります。

Uターン禁止区域で禁止されているのは「道路上でUターンする」こと。
つまり、一旦道路を出てしまえば違反とはならないのです。

たとえば、対向車線側に空き地があったとすると右折して一旦空き地に入り、そこで方向転換し逆方向の道路に戻ればいいのです。

要するに 空き地が無くても、わずかなスペース(公道でない場所)があれば、そこで方向転換すればOK。

同乗者の車酔いはブレーキの踏み方次第

bureki.jpg「運転の上手いドライバー」はブレーキの踏み方でわかるといいます。

運転が乱暴なのは論外として、車が止まる直前に「ガックン」となる止まり方をしていたら同乗者はたちまち酔ってしまうもの。
どんなにドライビングテクニックがあっても止まり方がこれでは同乗者はたまったものではありません。

本当に運転が上手い人というのは車の止め方が上手い人のことを言うのです。
ブレーキの上手い踏み方は一度に強く踏まず2〜3回踏んだり離したりを繰り返してから最後にゆっくりと強く踏む、これです。

これは「ポンピングブレーキ」と言って教習所でも習うから皆 よく知っているはずなのですが、実際に実践できている人は意外と少ない。

「速く走るには いかにスピードを出すかではなく、いかに上手くブレーキが踏めるかだ」
これはあるFー1ドライバーの言葉ですが まさにその通りで、あらゆる運転技術の中で このブレーキの踏み方ほどテクニックを要するものはないのです。

教習所では教えてくれない 暗黙のルール

teruranpu.jpgパッシングについては特に教習所では教えてくれない、いわばドライバー同士の暗黙のルールです。
ですが、その意味を取り違えると大事故にもつながるのでちゃんと憶えておきましょう。

●「お先にどうぞ」の意味でパッシング。
●前に入れてもらって後者へ「ありがとう」のハザード。
(道を空けてくれた時はハザードランプは、最低二度以上つけるのがのが良いでしょう)
●狭い道で道を譲られた時、挨拶かわりにクラクションを軽くプップッ。
●高速道路で流れてから いきなり渋滞の時「渋滞してますよ」って意味でハザードつけたまま走行。
●高速で自分が先に行きたい時「急いでいるから道を空けて」の意味で右にウインカー
●検問・ねずみとりがやってれば、対向車線にパッシングで教えてあげる。

パッシングは地方によっては「俺が先に行く」の意味もあるようですのでご注意を。
また、一部の人の間ではバトルサインに使われることもあります。

パッシング2回で「バトルしようぜ!」と言う申し込み。
断る場合は、ポンピングブレ−キ3回「いやだ」の意味、「よしっバトルしようぜ!」と言う時はホ−ンを軽く2回鳴らす。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。