車の裏技・得する車の裏技をご紹介

車の運転、修理、トラブル、得する、駐車場、車選び、自動車保険の車の裏技をご紹介!
 

カテゴリー:車選びの裏技

 

プリウスの新車を最大49万円値引きで買う方法

ryutukakumei.jpg新車を買う時は通常、自宅や職場など自分の生活圏内のディーラーに行きます。
そこで、気に入った車があれば値引きの交渉していくのですが…個人でディーラーと値引き交渉するのはなかなか難しくかなり厳しいのが現実です。

何しろ向こうはプロ、こちらは素人ですので最初から無理があるのですが、実はそれ以外にも理由があります。

ディーラーというのは元々メーカーから直接 新車を仕入れ それを販売しています。
新車のディーラーは各地域ごとにエリアを大まかに住み分けていて、それぞれ自社の商売圏内を守って販売をしているのです。

ですから、そもそも「他社と競合する」などということ自体が極端に少ないのです。
中でもプリウスなどの人気のある車は、全く値引きをしないで販売しているディーラーも多いのです。

そこで、新車流通革命を利用することを お勧めします。
プリウスを新車で買うのなら どこよりも安い価格を提示してくれるでしょう。

具体的には、

1、通常ローン金利が6.8%のところ、最大3.9%!その金利の差額は なんと480,519円です
ディーラー金利と比べても約2%近くも安い計算になるので、他店の提示する価格よりもかなり安い額になります。

2、本体+オプションだと最大49万円の大幅値引きが可能です!
これは 数十台まとめて仕入れる等の独自のノウハウを駆使することにより、どこよりも安い価格で提供することができるのです。

3、月々の支払いが苦しい時は、一時支払いストップも可能です!
事前に申し込んでおけば、毎月の支払いも一旦ストップすることができます。
ですから、急な出費が必要になった時でも安心です。

4、常識破りの最長120回払いの10年ローンも可能です!
たとえ10年ローンであったとしても、他社の84回払いと比較して なんと140,300円も安いのです。
ですから金銭的に余裕のある支払いが可能になります。

このように、【新車流通革命】にしかできない、独自のローンサービスと流通経路が最大の強み。
勿論、全国納車オッケーです!

車を5〜10万円安く買う裏技

tyuko01.jpg車が安く買える時期というのがあります、それはズバリ3月です。
3月の決算期は、ディーラー側もノルマ達成に躍起になる時期なので、売上確保の為にギリギリまで値引きしてくれる場合が多いのです。

あるいは値引きは無理でもオプションをサービスで付けてくれる なんていう場合もあります。
冬のボーナスが入って買いたくなるかもしれませんが もう少し我慢して、3月になってからショップに足を運んでみてはどうでしょう。

車種や店、ディーラーの状況にもよりますが、場合によっては5〜10万円くらいは安く買う事が出来ます。

トータルコストを安くする 車の選び方

tyuko3.jpg長期的に見て 車を安く維持し 買い換えを視野に入れる場合、小細工をするより とにかく人気の高い車を選ぶのが一番良いでしょう。

なぜなら人気車なら買い取り価格が高いからです。
カラーも一番人気の高いものを選ぶことが大事で、一般的にホワイト系でグレードの高い車の方が値が落ちる確率が低くオススメです、ミッションは必ずオートマ車にしましょう。

マニュアルミッションの方が新車価格が安いのですが、買い取りの時 それ以上に買い叩かれるからです。
後はノーマルのままで乗って3〜5年で乗り換えていけばトータルのコストはかなり安くなるはずです。

新車が半額で買えるって、ホント?

tyuko4.jpg最近の車の広告でよく「通常の半額で車に乗れる」というものを見かけることがあります。
これは「残価設定クレジット」などといわれるもの。

この「残価設定クレジット」というのは販売店が新車を3年後に買い取る事を前提にして、その時の買い取り金額をあらかじめ車両価格から引いた金額でローンを組む、という仕組み。
当然、毎月の支払いはかなり安い。

しかし、3年間お金を払っても車は自分の物にはなりません。
勿論、3年後に愛車を引き取られたくなければ買い取り額に相当する額を支払えば良いのですが・・・。
さて、このシステムにはメリットデメリットそれぞれあり、一概にオススメは出来ませんが、ポイントは残価が設定されているので車の人気が暴落し一般の買い取り価格が安くなっても最初に決めた金額で買い取ってくれるという点。

また、リ−スと違って途中で車を手放すことも出来ます。
ただし、走行距離が長いとそれなりの追加精算金を要求されたりもするので車を頻繁に利用し長距離通勤される人には向かないでしょう。

高級車に乗れる「個人リース」

koukyu.jpg車の購入にはローンを組む人が多いが 毎月の支払いはバカにならない、維持費もかかるし車検も面倒。
そんな人には「個人リース」という手もあります。

日本ではイマイチ浸透していない この「個人リース」確かにデメリットもあるがメリットも大きい。
まとまった頭金が不要だし、月額リース料も非常に安い、毎年かかる税金やプランによってはメンテナンス費用までかからないのだ。

ただ、リースの場合 3年で返却か買い取りをしなければならないのがネックだが、その時点でニューモデルに乗り換えれば同じような額の月額リース料を払い続けるだけで他の出費は一切かからない。
勿論、車検や税金も一切無縁。
会社や個人事業主なら経理上のメリットも大きい。

ただし、改造はダメだし車の痛みが激しいと追加料金を取られる可能性もある。
そして「基本的に途中解約出来ない」という最大のデメリットもあるが、気楽に新車に乗りたい人にはオススメです。
運営者情報
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。